シミ・跡が出来てしまったら

脱毛後のお悩みによくある、『シミや跡ができてしまった!』というもの。せっかくキレイなお肌になろうとして脱毛を体験したのにシミができてしまうなんて、本当に恐怖ですよね。
ですが、なぜ脱毛をした後シミや跡ができてしまうのでしょう?それはお肌の防衛本能と関係があります。医療レーザーやフラッシュ式の脱毛の方法は、ムダ毛のメラニン色素に反応して熱エネルギーを発生させ、それで発毛組織を破壊するものでしたよね。そして脱毛後のお肌はこの熱エネルギーにより非常にデリケートになっています。

 

そんなデリケートな状態のお肌がもし紫外線に当たってしまったり、衣服で擦れて刺激を与えてしまったら。メラニン色素はお肌を外界の刺激から守るために生成されますので、紫外線や衣服の擦れを刺激と感知し、それらからお肌を守る為にメラニン色素を生成しそれが代謝されずお肌にのこりしみとなる、というわけです。

 

つまり脱毛後のお肌にしみができてしまう原因はデリケートなお肌に刺激を与えてしまうことですので、まずはお肌に刺激を与えないよう、紫外線を当てないように気をつけなければなりません。
そしてもしシミができてしまったら。できてしまったしみはできるだけ早く対処をすることでキレイに目立たなくすることが可能です。なので脱毛後はお肌の状態を念入りにチェックし、少しでもシミになりそうなところがあれば美白クリームやローションを使い、そしてお肌の新陳代謝を高めるよう食事や生活習慣に気を配りシミを退治していきましょう。

関連ページ

痛みは大丈夫?
皮膚科で体験できる医療レーザー脱毛も、脱毛エステで体験できるフラッシュ式脱毛も、個人差はありますが両方ともそれなりの痛みがあります。
レーザー脱毛と光脱毛、どっちがいい?
長く続く脱毛効果を得ようと思うのなら、皮膚科で医療レーザー脱毛を行うか脱毛エステでフラッシュ式脱毛を行うかになりますが、
火傷をしてしまったら
医療レーザー脱毛、フラッシュ脱毛ともに熱エネルギーで発毛組織を破壊するため、お肌の内部に熱エネルギーが発生することによりお肌の火照りや赤みが
脱毛後の赤み
脱毛後のお肌の赤み。今まで皮膚科や脱毛エステで脱毛を行ったことがある方は経験済みでしょう。ですが腕や足、脇などの部位とは違って、
顔脱毛後のメイク
顔脱毛を体験しに行くときって、ほとんどの方はメイクをしていきますよね。脱毛を受けるサロンや皮膚科が家のごく近くにある場合をのぞいて、