顔脱毛後のメイク

顔脱毛を体験しに行くときって、ほとんどの方はメイクをしていきますよね。脱毛を受けるサロンや皮膚科が家のごく近くにある場合をのぞいて、行くまでに人に会うことはあるでしょうしメイクをするのになれた人からするとノーメイクで外出するのはちょっと抵抗があるのではないかと思います。

 

ですが顔脱毛はメイクをしたままのお肌にはできません。なので脱毛をする前にパウダールームなどでメイクを落とさなければなりません。顔脱毛を行っているサロンや皮膚科ではメイクをしている人のためにメイクを落とせる場所を用意しているところもありますから、不自由はないでしょうし(ただそういう設備があるかどうかはサロンによって違いますので、予約時に確認しておいたほうがいいです)
しかし脱毛が終わったあとは。脱毛前は自宅でメイクをし、脱毛サロンや皮膚科で落とせばいいのですが、脱毛が終わったあとはどうすればいいのでしょうか。メイク道具を持ってきていればメイクも可能でしょうが、脱毛が終わった後のお肌は非常にデリケートです。メイクをしてしまっても大丈夫なのでしょうか。

 

結論から言いますと、脱毛後のメイクは絶対ダメという訳ではありません。可能となっているサロンや皮膚科はあります。
しかし何度も言いますが、脱毛後のお肌は非常にデリケートです。ちょっとした刺激によってシミを誘発してしまったり、赤みがひどくなったりひりひりが出てきてしまう可能性は充分にあります。
なので顔脱毛後のメイクはできるだけやめておいたほうがお肌のためにはいいでしょう。ただ紫外線は脱毛後のお肌の大敵ですから、低刺激の日焼け止めは必ずつけるようにして下さいね。あとはノーメイクを隠せるようなマスクやメガネ、帽子があれば完璧です。

関連ページ

痛みは大丈夫?
皮膚科で体験できる医療レーザー脱毛も、脱毛エステで体験できるフラッシュ式脱毛も、個人差はありますが両方ともそれなりの痛みがあります。
レーザー脱毛と光脱毛、どっちがいい?
長く続く脱毛効果を得ようと思うのなら、皮膚科で医療レーザー脱毛を行うか脱毛エステでフラッシュ式脱毛を行うかになりますが、
火傷をしてしまったら
医療レーザー脱毛、フラッシュ脱毛ともに熱エネルギーで発毛組織を破壊するため、お肌の内部に熱エネルギーが発生することによりお肌の火照りや赤みが
シミ・跡が出来てしまったら
脱毛後のお悩みによくある、『シミや跡ができてしまった!』というもの。せっかくキレイなお肌になろうとして脱毛を体験したのにシミができてしまうなんて、
脱毛後の赤み
脱毛後のお肌の赤み。今まで皮膚科や脱毛エステで脱毛を行ったことがある方は経験済みでしょう。ですが腕や足、脇などの部位とは違って、