脱毛後の赤み

脱毛後のお肌の赤み。今まで皮膚科や脱毛エステで脱毛を行ったことがある方は経験済みでしょう。ですが腕や足、脇などの部位とは違って、顔は衣服で隠すことができません。脱毛を受ける施設までどんな手段で行くかは人によって違いますが、どの方法で行っても自宅に帰るまでにたった一人にも会わないということはないですよね。
なので顔の赤みはこれから顔脱毛を体験する人にとって、とても気になるものではないでしょうか。

 

ですが顔脱毛後にお肌が赤くなることは仕方ないことでもあります。脱毛の仕組みとして医療レーザーやフラッシュの熱エネルギーを利用する、というものですからこの熱エネルギーがお肌に影響を与え、赤みが出てしまうのは避けられるものではありません。
しかしごく一般的な顔の赤みは医療レーザー、フラッシュの照射後長くても2〜3日の間にキレイに消えてなくなります。ので赤みはそれまでの我慢と思ってお肌のケアを続けながら自然に治まるのを待ちましょう。

 

ただ、もしそれ以上経っても赤みが消えない、ひりひりも出てきた、のような症状が治まらずさらには酷くなっている、という場合はできるだけ早く脱毛を受けた機関に連絡をし、適切な処置を受ける必要があります。我慢するのは長くても3日までにして、もしその間でもひりひりがちっとも治まらない、という状態ならすぐに連絡をして診察をしてもらいましょう。
また脱毛後の赤み、ひりひりはお肌にこもった熱のせいですので少しでも早く赤みを解消するために入浴や飲酒など体を温める行動は避けるようにして下さいね。お風呂はしばらくの間シャワーのみにしましょう。

関連ページ

痛みは大丈夫?
皮膚科で体験できる医療レーザー脱毛も、脱毛エステで体験できるフラッシュ式脱毛も、個人差はありますが両方ともそれなりの痛みがあります。
レーザー脱毛と光脱毛、どっちがいい?
長く続く脱毛効果を得ようと思うのなら、皮膚科で医療レーザー脱毛を行うか脱毛エステでフラッシュ式脱毛を行うかになりますが、
火傷をしてしまったら
医療レーザー脱毛、フラッシュ脱毛ともに熱エネルギーで発毛組織を破壊するため、お肌の内部に熱エネルギーが発生することによりお肌の火照りや赤みが
シミ・跡が出来てしまったら
脱毛後のお悩みによくある、『シミや跡ができてしまった!』というもの。せっかくキレイなお肌になろうとして脱毛を体験したのにシミができてしまうなんて、
顔脱毛後のメイク
顔脱毛を体験しに行くときって、ほとんどの方はメイクをしていきますよね。脱毛を受けるサロンや皮膚科が家のごく近くにある場合をのぞいて、