お肌にキズはつかないの?

顔脱毛を行ううえで一番心配なのが、これですよね。『顔脱毛をすることで顔に傷がついてしまわないのか』。顔に傷がついてしまったら非常に目立ちますし、メイクもしにくいですし人に顔を見られるのがいやになってしまいます。それにもし傷が治らず、跡になってしまったら。考えるだけでブルーになってしまいますよね。
では顔脱毛をすることで顔のお肌に傷がつくかつかないか。その答えは『キズはつく』です。例えばかみそりを使って顔脱毛をした場合。どんなにたっぷりとシェービングクリームを塗っていても、どんなに丁寧にかみそりを使っても、かみそりという『刃物』を肌の上で滑らせているという事実に変わりはありません。
なのでかみそりの刃によって細かい傷がついてしまったり、お肌の表面の角質がそぎ落とされてしまうことはあります。

 

他の方法。例えば電気シェーバーがよく顔脱毛では利用されていますね。これも正しい方法で丁寧に使っていても、顔に全く傷がつかないという保障は出来ません。電気シェーバーも内蔵されているものは『刃』ですので、それによりお肌に傷がついてしまうことはよくある事です。

 

次に、皮膚科や脱毛サロンでの顔脱毛の場合。この場合利用するのはレーザーやフラッシュを利用した機械やかみそりですが、自分で行う顔脱毛よりは丁寧に出来ますが、絶対に傷がつかないという保証はやはり出来ません。
ので自分で行う場合は手順を踏んで丁寧にするのは当たり前として、脱毛サロンや皮膚科で脱毛をしてもらう場合も、万が一の場合の保証がしっかりとしていて、対応が誠実なところを選ぶように気をつけておかないといけません。

関連ページ

顔脱毛とは?
脱毛というとわきや腕、足などの部位が主流ですが、顔も常に脱毛を行っている部位ですよね。眉を整えるのは男性でも女性でもほとんど当たり前といっていいこと
自分でできるの?
永久脱毛を専門機関で行っていない限り、ムダ毛は永遠に生えてくるものです。なのでムダ毛のないきれいなお肌を実現したいのならムダ毛が生えてきたら
エステでも出来るの?
顔のムダ毛処理というと、ほとんどの方が自分で行っているのではないでしょうか。顔のムダ毛はムダ毛といっても腕やわき、足のように濃いものではなく
吹き出物がある場合は?
ホルモンバランスの崩れや季節の変わり目など、お肌の調子を崩してしまうことってよくありますよね。特に女性ですと生理周期によってお肌の調子が
脱毛できない場所は?
顔脱毛といっても、顔の部位によって脱毛方法は変わってきますよね。眉だったら眉用のかみそりや毛抜きを使う人が多いでしょうし、ほほや鼻下、あごだったら